nonnativeのレザーシューズ

COVERCHORD FEATURE

nonnativeのレザーシューズ

ENGLISH

〈nonnative〉のデザイナー、藤井隆行は靴に特別な思いを寄せる。フォルムに素材、履き心地。毎シーズン進化を続けながら、その探求が終わることはきっとない。「汚れを吸って、魅力を増していく」と藤井が好んで使うスエードを筆頭にした、表情豊かなシューズたち。新たな一歩を、こんな足元で。

COACH MOC SHOES COW SUEDE

まるでカモノハシのくちばしのように、甲が低くて平べったいトウの形に温もりが漂うモックシューズ。太めの番手でも均整の取れたステッチワークが映えるカントリーな表情は残しながら、毛足が短めのイタリア産スエードを使うことでスマートさも備えています。 履き口とライニングは同色のスムースレザーで切り替えることで脱ぎ履きがしやすく、足馴染みもよくなっています。 アウトソールに使用したのはやや厚めのクレープソール。クッショニングと風合いのよさが特徴の天然ゴムを使っています。ソールのつま先部分に配したレザーの切り替えはアクセントになっているだけでなく、やわらかいクレープソールに生じやすいエッジ部分の消耗スピードを遅らせてくれるのもメリット。やわらかなアッパーと程よい反り具合のフォルムが、快適な歩行を支えてくれます。

COACH SHOES COW SUEDE

味わい深い天然ゴムのクレープソールを採用し、イタリア国内で鞣された上質なカウスエードを使ったレザーシューズですが、軍用のトレーニングシューズを思わせるアッパーデザインはまるでスニーカーのような印象を与える、ミックス感の際立ったプロダクト。 スムースレザーを使った足当たりのよいライニングにはクッション性の高いカップインソールを合わせているので、ルックスだけでなく履き心地もスニーカーのようにストレスフリーな一足です。 アウトソールは歩行時に消耗しやすいトウの部分にだけレザーを使っているのもポイントで、やわらかいクレープソールでも狂いのない切り替えが品質の高さを物語っています。 シューレースはレザーを使った丸型で、履き込むうちに自然とやわらかくなって馴染み、風合いを増してくれます。

CLERK LOAFER COW SUEDE / COW LEATHER

やわらかな毛足のカウスエードを使ったコインローファーは、トウの高さを抑えることですっきりとした横顔に仕上げています。 このシューズに採用したサケット製法は、"ボロネーゼ"という別称からも分かる通り、イタリアがルーツの製靴法。前側には中底を用いずにアッパーとライナーを袋状に縫い込んでいくこの手法は一般的な革靴よりも歩いた際の返りがよく、足あたりがやさしいのが特徴です。 レザーのアウトソールも履き心地のよさを損なわない範囲でボリューム感を減らしていて、細身のジーンズやチノと合わせても違和感のないシルエット。 伝統的な英国ブランドのシューズも手がけるイタリアの工場で生産されるオーセンティックなつくりながら、デイリーに履ける一足です。 カラーバリエーションのブラックにはスムースのカウレザーを使用しています。

CLERK PLAIN TOE SHOES COW SUEDE / COW LEATHER

シンプルでクセがなく、スタイリングを選ばない5ホールのプレーントウシューズはマイナーチェンジを繰り返しながらリリースを続けている〈nonnative〉のスタンダードアイテムのひとつです。 カウスエードを使用し、ソフトな毛足の表情が自然な丸みを帯びたトウの形を引き立てています。 爪先に捨て寸がほぼ出ない、ショートノーズのフォルムはカジュアルな着こなしとも好相性。 採用しているブラックラピドと呼ばれる製法は、中底をマッケイ製法の要領で縫いつけ、本底を出し縫いすることで成型していくもので、グッドイヤー製法ように高い耐久性とマッケイ製法のような歩きやすさを兼ね備えています。 もちろんオールソールの交換も可能で、普遍的なデザインも相まって長く付き合っていけるのが魅力です。 カラーバリエーションのブラックにはスムースのカウレザーを使用しています。

ROAMER ZIP BOOTS COW SUEDE by OFFICINE CREATIVE

イタリア・Duca del Nord社が手がける老舗ファクトリーブランド、〈Officine Creative〉と合作したブーツは裾幅が狭いモデルが多い〈nonnative〉のボトムスでも収まりがよい、ナローなシャフトが最大の特徴。 着脱をスムーズにするジップは磨きの掛かったムシが上品なエクセラを採用していて、従来はサイドだったものをフロントに変更したことでアクセントとしても目を引くつくりに。 イタリア産カウスエードとボリューミーなフォルムの程よい重厚感に反して、緩衝性の高いVIBRAMソールを合わせているため履き心地はあくまで軽やか。 アッパーとソールを直接縫い付けるステッチダウン製法を使ったタフな作りながら、スマートな内羽根式でラギッドになりすぎないのも特長です。

ROAMER CHUKKA BOOTS COW SUEDE by OFFICINE CREATIVE

3ホールのチャッカーブーツは、〈nonnative〉ではコンスタントにコラボレーションを行っているイタリア・Duca del Nord社の老舗ファクトリーブランド、〈Officine Creative〉が生産を手がけたもの。 放浪者を意味する"ROAMER"をモデル名に冠している通り歩きやすさが特徴で、緩衝性と軽量さに富むEVAスポンジ素材を使ったVIBRAMソールがその要です。 積層されたソールが横顔にカジュアルさを添えて、トウは対称的にボリュームを抑えているのですっきりとした印象に。 履き心地のよさを考慮して前側がやや内振りの木型を使いつつ、アッパーを直接アウトソールに縫い付けるステッチダウン製法を採用することで堅牢さを高めています。 シューレースには通常の製靴過程で仮止めに使うクズ糸が入ったものをあえて使うことで、より風合いのよい経年変化が楽しめる仕様。 ワックスコーティングを施したコットンの平ヒモも付属するので、スタイルに合わせて使い分けられます。

PHOTOGRAPH : COVERCHORD
TEXT : RUI KONNO