nonnative × GREGORY
GREGORY for nonnative '5'
COMPASS RETRO 30 / SKETCH RETRO 8

COVERCHORD FEATURE

nonnative × GREGORY
GREGORY for nonnative '5'
COMPASS RETRO 30 / SKETCH RETRO 8

ENGLISH

カリフォルニアで誕生したバッグブランド〈GREGORY〉の40周年のアニバーサリーを記念して〈nonnative〉とのスペシャルコラボレーションアイテムがリリース。 「温故知新」をテーマとした本企画は、最新デザインモデルである「COMPAS 30 」と「SKETCH 8」をベースに〈nonnative〉デザイナーの藤井 隆行が '90年代に感じた〈GREGORY〉のイメージを重ね合わせリデザインしたもの。〈GREGORY〉社40周年を締めくくる最後のプロジェクト「GREGORY for nonnative '5'」として完成した。COVERCHORDでは12月23日より発売開始。
About GREGORY

〈GREGORY〉の創業者であるウェイン・グレゴリーは、14歳の時にボーイスカウトプロジェクトの一環で、彼の初めてのバックパックとなる木製フレームパックを製作。その後22歳の時、妻と2人でバックパック会社となるサンバード社を設立する。しかし、1973年にはサンバード社を解散し、フリーのデザイナーとして寝袋、テント、テクニカルウェアなども手掛けるようになり、数々のアウトドア・メーカーのために様々なギアを製作し技術や知識、経験をさらに高めていったという。
フレームパックに限界を感じ、これまでにないパックを求める新しい流れが彼のパックデザインへの思いを再び駆り立て、「作りたいのはバックパックだ」と、1977年にサンディエゴに「グレゴリー・マウンテン・プロダクツ」社を設立した。以後30年間、本社と生産拠点を共に南カリフォルニアに据えて活動を展開している。
当初は店裏でパック作りをし、店先で顧客を捕まえては テクニカルな話題で話し込むのが彼の日課だった。 ウェインはバックパックビジネスにおいて、フィッティングが何にも勝り重要だと確信していた。 グレゴリー社の革新的なアイデア、人間工学に基づいたデザイン、最高品質へのこだわり...、その情熱は冷めることなく、今日に到るまで最新のパック開発に反映されている。
快適な背負い心地、フィット感、耐久性、機能性を常に追求し、進化を与え続け、それを背負う人々を驚かせ続けている。

About COMPASS 30

コンパクトなフォルムと人間工学に基づいたトレイル用ショルダーハーネスが搭載された「COMPAS 30」は、アウトドア用デイパックの要素をすべて備えたバックパック。また、整理用ポケット、パネルアクセス、パッド付きノートPCスリーブを搭載と、仕事のできるアシスタントでもある。
30リットルの容量は、ランチボックス、ジム用ウエア、着替えが十分に入る大きさだ。ノートPCの収納に便利な外側の保護パッド付きコンパートメントが付き、ポケットにはタブレット用スリーブも配備。ラゲッジスタイルに大開口するメインコンパートメントを備えるなど機能性にも優れている。

CC_FEATURE_nonnative_GREGORY01.jpg

About SKETCH 8

「SKETCH 8」はアクティブなユーザーにぴったりのスリングパック。メインコンパートメントにはタブレット、カード、 筆記用具などの整理機能を搭載し、外側のデバイスポケットには携帯電話やカメラを収納可能。また人間工学に基づいてデザインされたシングルストラップは速乾パッド付きメッシュライナーを採用し、左右どちら側でも背負えるように両側にアタッチメントを取り付けている。 素早く外せるバックルにより、左右どちらでも使えるスリングデザインや、機能性など、タウンユースに優れたアイテムである。

CC_FEATURE_nonnative_GREGORY02.jpg

Collaboration contents

2017年に40周年を迎えた〈GREGORY〉社のアニバーサリーを記念して、「温故知新」をテーマに最新デザインモデルである「COMPASS 30」と「SKETCH 8」をベースに、〈nonnative〉デザイナーの藤井 隆行が '90年代に感じた〈GREGORY〉のイメージを重ね合わせリデザイン。ブランドタグは、1983年~84年の短期間のみ使われていたデザイン(当時、工場移転のために急遽作られたプリントネーム)をピックアップし、当時のホワイト×ブラウンのプリントではなく、ホワイト×ブラックの織りネームで、本企画のためだけに復刻している。
〈GREGORY〉が40年培ってきた機能性、実用性、進化したデザインを崩すことなく、〈nonnative〉デザイナーの藤井が初めて〈GREGORY〉のバッグに触れた「'90年代 = RETRO」とし、融合させた。 こうして出来上がった「COMPASS 30 RETRO」と「SKETCH 8 RETRO」を、〈nonnative〉と繋がりの深い東京を代表するセレクトショップ5店舗のディレクター、バイヤーと話し合い、それぞれが思い入れのあるカラーリングで完成させた。
BLUE・PURPLEカラー(Pilgrim Surf +Supply)、 SPECTRAカラー(ISETAN MEN'S)、FUSCHIAカラー(UNITED ARROWS & SONS)、 BLACKカラー(H BEAUTY & YOUTH)、 COYOTEカラー(vendor)の全5色展開。 各店のカラーリングに合わせて作られたポーチのノベルティーが付くスペシャル企画となっている。

GREGORY for nonnative '5'

nonnative × GREGORY COMPASS RETRO 30
プライス_¥23,000
nonnative × GREGORY SKETCH RETRO 8
プライス_¥11,000
カラー_BLUE・PURPLE / SPECTRA / FUSCHIA / BLACK / COYOTE