HENDER SCHEME
18SS COLLECTION
CC_FEATURE_HS_18SS_00_top.jpg

COVERCHORD FEATURE

HENDER SCHEME
18SS COLLECTION

ENGLISH

独自の哲学のもと、常に実験的な試みを重ねることで新しいアイテムを生み出し続けているブランド、〈Hender Scheme (エンダースキーマ) 〉。
ブランド名は、心理学用語の"GenderScheme (ジェンダースキーマ)"からの造語で、Genderの頭文字の"G"を、アルファベット順で一つ超えた"H"にすることで、ブランドコンセプトである『ジェンダーを超える』を表現しています。
こちらでは、先日よりスタートした〈Hender Scheme〉の2018SSコレクションの魅力をご紹介します。
今季ブランドが掲げるテーマは『BLANK』。
CC_FEATURE_HS_18SS_01.jpg
neo strap ¥37,000

15SSのものからディティールをアップデートした「neo strap」。 ウェッジ部分の素材はナンポウからEVAに変更することで軽量化され、本底にはVibramソールを採用することで、タフに履くことが可能に。


CC_FEATURE_HS_18SS_02.jpg
soak ¥42,000 

新作の「soak」は甲部分が外羽根のようにデザインされていることで、ミュール型でありながら革靴同様に紐でアジャストが効くという〈Hender Scheme〉ならではのアイデアが詰まったアイテム。ベジタブルタンニン鞣しのカウレザーにたっぷりとワックスを入れたレザーを使用しているため履きこむことで艶が上がり、革がこなされて足触りもさらによくなります。


CC_FEATURE_HS_18SS_03.jpg
picnic bag for couple ¥11,000
picnic bag for family ¥13,000

平面にバラすとレジャーシートになり、折りたたむと荷物を入れられるバッグになる、「picnic bag for couple」。大きいサイズの「picnic bag for family」も。 持ち手はタンニンのヌメ革、シートは建材の防炎ビニールを採用しています。これからの季節、ピクニックなどの外遊びにはぜひお供にしたいアイテムです。


CC_FEATURE_HS_18SS_04.jpg
tape tote bag ¥22,000

持ち手のナイロンテープを伸び縮みさせることで肩掛けのトートと手持ちバッグの2WAYになる「tape tote bag」。 インターロック加工という裏打ちの処理をすることで程よいハリ感を出しています。 内側には小物を入れられるポケットを装備し、日常使いにも最適です。


CC_FEATURE_HS_18SS_05.jpg
pig shoulder small ¥9,000
pig shoulder big ¥12,000
pig bag S ¥7,000
pig bag M ¥10,000

毎シーズン人気の「pig bag」シリーズにはKHAKIカラーが新色で追加に。


CC_FEATURE_HS_18SS_06.jpg
water proof pig jet cap ¥15,000

定番の「pig suede jet cap」にも春らしいPINKとLIGHT BLUEの新色が加わります。 撥水加工の施されたピッグスエード素材のため、汚れが付着しにくいという優れもの。


CC_FEATURE_HS_18SS_07.jpg
folded card case ¥9,000

新しい季節には気分を新たに新調したくなるカードケース。 ベジタブルタンニン鞣しのカウレザーを使用し、長く愛用できる様にコバはしっかりと磨きを入れています。 COVERCHORDでは、NATURAL、BLACK、MULTI、YELLOWの4色を展開します。


CC_FEATURE_HS_18SS_08.jpg
coin case ¥9,000

しっかりとした厚みのあるコインケース。小銭を出す際にウケとして機能するポケットの仕様になっています。


CC_FEATURE_HS_18SS_09.jpg
room mocca slipper ¥18,000

かかとを踏んでも履けるローファー型のルームシューズ。レザーが汗を吸ってくれるので蒸れずに履くことが可能です。お気に入りのルームシューズに出会えていない方、来客用にもぜひオススメしたい一品です。


そして今シーズンは定番の『オマージュシリーズ』に続く新たなシリーズが誕生します。

『typical color exception』
typical × typical = exception(典型×典型=例外)

既存の配色イメージ(典型色)をクラシックで定番化しているレザーシューズのデザインに重ねることで色が与える記憶や情報を浮き上がらせることを狙いとしています。レザーシューズとスニーカーの間を行き来している〈Hender Scheme〉だからこそ、レザーシューズとスニーカーの配色や色の種類の違いに着目し誕生した本シリーズ。

COVERCHORDでは、チームカラーを連想させる反対色であるpurple×yellow、blue×orangeカラーを"典型的"なスタイルとしてのローファーに組み合わせた「typical color exception loafer」を展開します。 ぜひスニーカーを選ぶようにレザーシューズを選んで履いてみてはいかがでしょうか。


CC_FEATURE_HS_18SS_10.jpg
typical color exception loafer ¥54,000

いずれも〈Hender Scheme〉のアイデアと技巧の詰まった名品たちばかりが揃うコレクション。ここでは紹介しきれないアイテムも多数あるので、ぜひショップページでチェックを。


※ご紹介のアイテムは随時発売予定です。

PHOTOGRAPH: Hender Scheme
TEXT: COVERCHORD