hobo × CITIZEN
FIELD WATCH
CC_FEATURE_hobo_CITIZEN_CC_FEATURE_hobo_CITIZEN_00_top.jpg

COVERCHORD FEATURE

hobo × CITIZEN
FIELD WATCH

English

ENGLISH

先日〈Danner®︎〉とのコラボレーションアイテムをリリースしたばかりの〈hobo〉より、今シーズン第2弾となるスペシャルアイテムがリリースされる。 第2弾は日本が誇る老舗時計ブランド〈CITIZEN〉とのタッグによる「FIELD WATCH」。2018春夏シーズンの〈hobo〉のコレクションをあらわす「ミリタリー」のムードを強めたアイテムに仕上がっている。

COVERCHORDでは3/15(木)より発売開始。
CC_FEATURE_hobo_CITIZEN_01.jpg CC_FEATURE_hobo_CITIZEN_02.jpg CC_FEATURE_hobo_CITIZEN_03.jpg CC_FEATURE_hobo_CITIZEN_04.jpg CC_FEATURE_hobo_CITIZEN_05.jpg hobo Field Watch by CITIZEN

2014年に続く第2弾となる〈hobo〉と〈CITIZEN〉のタッグによるコラボレーションアイテムは、〈CITIZEN〉の米国規格モデルをベースにし、シンプルなラウンドケースを採用した3針型の「FIELD WATCH」。

リュウズが4時位置に付いた特徴的なデザインは、ハンドル操作の際に手首に干渉しないように配慮されたドライバーズウォッチに由来するもの。 文字盤は2つのカラーバリエーションで展開され、ベージュのダイヤルにはオリーブ色のインデックスを、オリーブ色のダイヤルにはホワイトのインデックスを組み合わせた、どちらもミリタリーのムードを強める配色。 秒針のオレンジは、バッグでも目を引く今季の〈hobo〉のキーカラーをアクセントに。全体をマットな質感にまとめていて、やはり光沢を抑えたステンレススチール製のケースは小ぶりながら、武骨さも備えている。 NATOタイプのベルトはハトメによる補強を施したオリジナルで、ムーブメントは〈CITIZEN〉がこだわる高精細な日本製だ。

シンプルで無駄を削ぎ落としたデザインながらも、確かな存在感を放つ、美しく機能的なプロダクトが完成した。

機能性とコストパフォーマンスの非常に高い本モデルは、新生活の相棒としてもぜひ手に入れたい。

CC_FEATURE_hobo_CITIZEN_06.jpg

hobo × CITIZEN
Field Watch
プライス_¥20,000
カラー_OLIVE, IVORY


Photography&Text_COVERCHORD