ASICSTIGER GEL-YETITOKYO HI G-TX "DESERT"
for nonnative

COVERCHORD FEATURE

ASICSTIGER GEL-YETITOKYO HI G-TX "DESERT"
for nonnative

English

ジャパニーズテクノロジーをブランドのコアとする日本生まれのスポーツライフスタイルブランド〈ASICSTIGER(アシックスタイガー)〉と〈nonnative〉によるエクスクルーシブアイテムがリリースされる。 〈ASICSTIGER〉のもつ競技クオリティの品質に、防水性、透湿性に優れたGORE-TEXを搭載した機能性かつ都会的な〈nonnative〉のデザインエッセンスが融合した全く新しいシューズが完成した。
〈ASICS〉の歴史とジャパニーズテクノロジーに裏付けされた自信と強さ、常に進化を求めるスピリットを備えた日本生まれのスポーツライフスタイルブランド〈ASICSTIGER〉。
1980年代から1990年頃にかけて各競技のトップ選手から愛好者まで幅広く愛用され、特に1990年に発売した衝撃緩衝材を搭載し靴底を厚くしたランニングシューズ「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズは、機能やデザインが話題を呼び、国内外で人気を博した。当時人気を集めた各競技用のシューズをカジュアルなデザインを取り入れるなどアレンジを加え、復刻させたのが〈ASICSTIGER〉だ。当時のフォルムを踏襲しつつ、独自の素材使いやカラーリングで存在感を持たせ、アメリカンストリートファッションの要素も取り入れて生まれ変わっている。

そして、今回のコラボレーションのベースモデルとなったのが、「GEL-YETI」。トレイルランニングの競技後に履く靴として、スポーツで疲れた足をリラックスさせるために開発した「アフタースポーツ用シューズ」で、2000年に発売されたモデル。機能的で独特なデザインが、ストリートファッションのアイテムとして注目されてきたことから、2003年から街履き用として形を変えた。

今回完成した「GEL-YETITOKYO HI G-TX "DESERT" for nonnative」はミリタリーブーツをデザインソースに、素材にはGORE-TEXの基準をパスしたベージュカラーのスエードレザーを採用。ソールも同様にアッパーとのマッチングを考え、細かいニュアンスまでこだわったベージュに仕上げている。ディティール面ではアイレットを増やし、「GEL-YETI」モデルの特徴でもあるヒール部分のドローコード仕様を取り除き、代わりにループを作りコンバットブーツのように履き口でシューレースを巻きつける仕様となっている。

〈ASICSTIGER〉のもつ競技クオリティの品質に、防水性、透湿性に優れたGORE-TEXを搭載した機能性かつ都会的な〈nonnative〉のデザインエッセンスが融合した全く新しいシューズが誕生した。

COVERCHORDにて12/8(土)より発売開始する。

CC_FEATURE_ASICS_nonnative_01.jpg
ASICSTIGER
GEL-YETITOKYO HI G-TX "DESERT"
for nonnative

Price_¥20,000
Color_TAN / TAN


Movie_nonnative
Text_COVERCHORD