スタイリスト私物 "stylistshibutsu"
MATATABI JACKET / MATATABI EASY PANTS
POLY FLEECE POLARTEC
CC_FEATURE_stylistshibutsu_polartec_00_top.jpg

COVERCHORD FEATURE

スタイリスト私物 "stylistshibutsu"
MATATABI JACKET / MATATABI EASY PANTS
POLY FLEECE POLARTEC

English

いまちょうど着たい服。ノンネイティブとスタイリスト私物の共同作業によって、ウインターシーズンど真ん中のこの時期にぴったりのセットアップが完成した。抜群の着心地を実現したフリース素材のジャケットとパンツは、もちろんセパレートでの使用も可能。ステロタイプでいえば、無意識に日々着続けられる"パートナー"のようなプロダクトだ。そこで、ノンネイティブのデザイナー藤井隆行氏と筆者が〈スタイリスト私物〉の魅力を検証する。
藤井隆行(nonnativeデザイナー)

「以前、ご自宅の近所に住んでいて、冬にお見かけすると、いつも(山本)康一郎さんが他のブランドのフリース素材をセットアップで着ていて、いいなぁっと思って。だから普通に、スタイリスト私物でどうですかね? って感じで相談したのが最初。もちろん、過去にフリース素材のジャケットなどは展開していたのですが、ジャケットというよりもシャツのようなデザインに着地することが多かった。だから今回はド直球のジャケット型を作りたかった。その方が康一郎さん"らしい"雰囲気も損なわないし。アウトドアブランドに求められるシルエットじゃなくて、普通にファッションとしてのシルエットを出したくて、上下ともゼロからデザインしました。動きやすさとかを考慮した立体的なデザインやポーラテックの最高級フリースを贅沢に使用した点など、シンプルだけどセットアップで着ても様になる。目指したのは、あくまでもファッションとしてのフリース・ウェアなので」


渡邊敦男(PRODISM編集長)

「康一郎さんが着ているセットアップって"パジャマの部屋着"みたいな感じ。日常着なんだけど、どこかコンシャスな印象。今回のノンネイティブと"私物"で作ったフリース素材のセットアップは、まさに康一郎さんが街中でフラッと着ていそうなプロダクトの極みだと思う。この服に限ったことではないんだけど、康一郎さんが無意識に着ている服って、どことなく綺麗な仕上がりの服が多い。それってブランドのデザイナーの実力値なんだろうけど、康一郎さん"らしさ"が浮かび上がってくるからおもしろい。で、新作の黒のフリースは黒子っぽいカッコよさがある。これも大事なポイント。僕は"私物"全般に裏方っぽいイメージを持っていて、メインの服を引き立てる効果がある。言い換えれば自分の着たい服の立役者ってこと。気がつくと袖を通しているっていう感覚。あと、このセットアップはロゴ関連が少ないのも特徴。ポーラテックのロゴが袖やパンツにさりげなく入っているくらい。フリースものってロゴが主張しすぎるきらいがあるから、この匿名的な表情はめずらしいかと」

CC_FEATURE_stylistshibutsu_polartec CC_FEATURE_stylistshibutsu_polartec CC_FEATURE_stylistshibutsu_polartec CC_FEATURE_stylistshibutsu_polartec
MATATABI JACKET POLY FLEECE POLARTEC
Price_¥40,000
Color_Black

MATATABI EASY PANTS POLY FLEECE POLARTEC
Price_¥30,000
Color_BLACK
CC_FEATURE_stylistshibutsu_polartec_05.jpg


Photograph_Masataka Nakada (STUH)
Text_Atsuo Watanabe




"stylistshibutsu"
CLIMBER EASY PANTS 2
POLY TWILL Pliantex®️ By GRAMICCIも同日発売!