コンテンツに進む

test

カバーコードの逸品

長く愛せる一生ものの「逸品」をご紹介。

MOUNTAIN RESEARCH
ANARCHO MUG

「アウトドアギアの殿堂」なんてあったら間違いなく殿堂入り。
70年代のアメリカバックパッキングカルチャーが生み出した歴史的銘品。この逸品の元となったアルミ製のキャンプカップは2気室のデイパックや60/40クロスのマウンパ、発砲フォームのスリーピングパッドなんかと並んで、未来永劫語り継がれてフォロワーを生み出し続ける記念碑のような存在。

そして、尋常ではない拘りによって”リプロダクトを超えたオリジナル”として生まれたのが、〈MOUNTAIN RESEARCH〉が手掛けるキャンプカップ「ANARCHO CUPS」です。

原型を生み出した伝説的存在「SIERRA CLUB」と並んで、幻のブランドと言われる「ROCKY CUP」をソースに生まれたのが〈ANARCHO CUPS〉です。オリジナルは廉価なアルミ素材のプレス成型ですが、より強度・耐久性に優れるステンレスにアップデートしています。トラディショナルなフォルム、ワイヤーを手曲げしたハンドルまでパイオニアに敬意を払ってつくられているのが分かります。

底面のエンボスロゴもまた、先に述べた2つの歴史的なカップに倣ったもの。”やや浅め”な刻印の具合やフォントのバランスまで忠実に。”ANARCHO MOUNTAINEERS (無政府主義的山岳家)”が誇らしく刻まれます。

模倣して作られたものは数多くありますが、このカップがオリジナルさえも超えてしまった最大のポイントが”ヘラ絞り”と呼ばれる技法。大量生産可能なプレス成型と異なり、職人の手によって繰り返し絞りを入れて徐々に形作られていく、非常に手間の掛かる技法です。本体に見られるヘアラインはヘラ絞りの証し。

オリジナルに最も近いサイズの「ANARCHO CUP」をはじめ多様なバリエーションを展開していますが、中でも特筆すべきなのが、よりコンパクトで取り回しの良い”ハーフパイント”サイズの「1/2 PT. (MOD.)」。「ROCKY CUP」が生み出した幻のサイズとして、ごく一部で知られている程度のマニアックな存在です。そんなところまでラインナップするあたり〈MOUNTAIN RESEARCH〉のこだわりの強さを伺えます。

往年のマスターピースを職人の優れた技術で再現どころかオリジナル超えしてしまった「ANARCHO CUPS」。食べるも飲むも全て賄えて、数が増える分だけ使い方も増えます。まずはおひとつ、手にしてみてください。

x

日本語