毎日使いたい器
CC_FEATURE_Ceramics_00_top.jpg

COVERCHORD FEATURE

毎日使いたい器

美しい器は眺めているだけでも心を和ませてくれる。でもせっかくなら、使ってこそ、その良さを感じたい。 COVERCHORDが新たに取り扱いをスタートさせる6名の作り手たちが生み出す器は、どれも日々の暮らしに馴染むものばかり。 毎日の暮らしに取り入れながら、いつもよりも少しだけ豊かな時間を楽しめたら素敵だと思う。
CC_FEATURE_Ceramics_01_a.jpg
CC_FEATURE_Ceramics_01_b.jpg
NAOKI KANAZAWA / 金澤 尚宜

熊本県天草市にて江戸末期より続く窯元・丸尾焼の6代目である金澤 尚宜さんの器。
特徴は、唯一無二の流れる釉薬が生み出す美しい表情と色合いのバランス。
挑戦と新しい発見の繰り返しを経て完成した器たちは、一つとして同じものは無く選ぶ楽しさに溢れている。
熊本の自然を連想させる美しく優しい色合いは、いつもの食卓に彩りとスパイスを加えてくれるはず。

[ SHOP NAOKI KANAZAWA ]
TOKURO TAKIMOTO / 瀧本 徳郎

豊かな自然に囲まれた宮崎県都農町に工房を構える瀧本 徳郎さんの器。
シンプルなフォルムに素朴な粉引の質感や、渋めの鉄釉を多く用いた深い色味のグラデーションが格好良い。
"使う人の手に馴染み、色や質感はなんだか嬉しくなるようなものにしたい"彼が生み出す器は、見た目の重厚感に反してとても軽く、かつ丈夫で手に優しく馴染む。
リムに施されたしのぎ模様が美しい粉引の器は控えめながら優しい質感が毎日の食卓にも馴染む。
使い勝手の良い円鉢は大小サイズ違いで。普段の料理に丁度良い深さ、フチが少し外側にそったデザインは汁物を入れた際にもフチまで熱くならず持ちやすい。小さいサイズは取り分け鉢としても。

[ SHOP TOKURO TAKIMOTO ]
CC_FEATURE_Ceramics_03.jpg mushimegane books. / 熊淵 未紗

兵庫県にて工房を構える作り手、熊淵 未紗さんが"人と音"をテーマに創作するセラミックブランド。
ミニマルでありながら気持ちを和ませてくれるような優しいフォルムと、繊細な色合い、質感や素材感は、日々の暮らしにさりげなくフィットし、穏やかなひとときをもたらしてくれるはず。
その時々の多彩なインスピレーションから生み出される器は色合い、素材感も様々だ。そんな作り手の好奇心から生み出される作品は、暮らしにささやかな楽しみとワクワクをあたえてくれる。
フラットプレートには、漬物やチーズ、パンなど簡単な料理をのせてもさまになるし、食べ物以外にも小物置きとしても。

[ SHOP mushimegane books. ]
日月-HIZUKI / おおやぶみよ

きらめく気泡を閉じ込め、アンティークのような雰囲気を纏う〈日月〉のガラス。
なめらかな質感と手に馴染む柔らかいフォルムは、みずみずしさと同時に温かみも感じさせてくれる。
作家のおおやぶみよさんは、沖縄に拠点を置き、再生ガラスから吹きガラスという手法を使い、たった一人で器の製作をしている。
本人が運営を行う沖縄・読谷村あるギャラリーの名前〈日月 HIZUKI〉は、太陽と月が昇るところであればどんな場所にもしっくり馴染む作品を作りたいという想いから。その為、デザインだけではなく使い勝手も考えられた実用的なサイズも嬉しい。
おおやぶみよさんの作品は、光にあたるとまたその表情が美しく、一輪挿しやペーパーウェイトなど何気なく部屋に置いておいても美しいオブジェになりそう。

[ SHOP MIYO OYABU ]
MAHITO KUDO POTTER / 工藤 真人

茨城県阿字ヶ浦に拠点を置く工藤真人工房。
作陶30年以上の長いキャリアを持つ工藤さんが幼少期に使っていたという、北欧クラフトのカップやボウルがインスピレーション源になった作品も多い。特に深いコバルトブルーの色味は、品良く食卓を引き立ててくれる。
もちろん料理も美味しそうに映えるから、サラダとトースト、目玉焼きなどを朝食用にワンプレートに盛ってもさまになる。
他にも平皿はパスタ、魚、肉料理などのメインディッシュに、深さのあるボールはスープやフルーツなどに。

[ SHOP MAHITO KUDO POTTER ]
CC_FEATURE_Ceramics_06.jpg FUTOSHI YAMASHITA / 山下 太

熊本県阿蘇市に阿蘇坊窯として拠点を置き、溶岩や火山灰、土、水、草木など、阿蘇山の天然素材を活かして作陶を続けている山下 太さん。
阿蘇の自然の中から、器の材料を自ら調達するところから彼の器作りは始まるという。世界に誇る阿蘇のカルデラは、つまり壮大な器で、その器に身を置き、日々、自らの手のなかで器を作る。
そんな雄大な阿蘇の大地との関係性から生まれる力強い器たちはまさに自然の一部とも言える。日々の暮らしの中で使いながら、阿蘇の大地を味わってみるのも良いかもしれない。

[ SHOP FUTOSHI YAMASHITA ]


CC_FEATURE_Ceramics_07.jpg