nonnative × new balance®︎
CM996NNS
CC_FEATURE_NN_NB_CM996_00_top.jpg

COVERCHORD FEATURE

nonnative × new balance®︎
CM996NNS

〈new balance〉不朽の名作「M996」。今回履き心地新たに生まれ変わった「CM996」のローンチに伴い、ブランド、セレクトショップ、スニーカーショップが集う「996 Collaboration Project」に〈nonnative〉が参画。
〈nonnative〉のこだわりが随所に詰め込まれ、アップデートされた機能と共に、全く新しい「996」のデザインが誕生した。
発売開始は7/27(土)より。
まず目を引くのが、〈new balance〉のアイコニックな「N」マークがないこと。その場所には「NB」マークが刺繍で入る。さらにイン・アウトで「NB」刺繍のカラーも変更しているのも特徴的だ。

アッパー素材は毛足の長いスウェードとホワイトレザーに変更し、ソールには汚し加工を施すことで、レトロランニングシューズをイメージ。
"ストリート=コンクリート"の解釈を基に、カラーはグレーをベースにホワイトとブラックが入り従来の「996」と比べてもソリッドな印象に仕上がっている。

また、インソールにはコンクリートをイメージしたオリジナルプリントが入り、シューズ全体のイメージにアクセントを加えている。

最大の特徴は、着用するスタイルにこだわり、紐を取り外して着用できるよう、タンの中心部分にエラスティックゴムを取り付けることで甲で止められる仕様となっていること。その際、よりストレスなく着用できるよう、タン全体に通常の1.5倍の厚みを持たせている。

各パーツのステッチも今回のデザインのために変更しており、〈nonnative〉のオリジナリティが随所に詰め込まれた1足に仕上がっている。

ー今回のコラボレーションについて
nonnative デザイナー・藤井 隆行


「996」自体はあまり好んで履くモデルではないですが、このモデルのイメージは、街や公園など場所を問わずかなり幅広く愛用されていると感じていました。なので、インラインにおいても数えきれないほ どのカラーウェイが存在しているようです。これまでのコラボレーションは私たちがモデルを選び、ありそうで なかったカラーや素材で表現してきたので、こんなにポピュラーなモデルは逆に自分から選ばないし、ましてやあまり履いたことがないので大変難航しました。そこでコラボレーションのポイントを4つに絞りました。

・1つ目、通常の996に見えないこと。→ Nロゴを外し、NBの刺繍に変更。
・2つ目、80年代くらいの中古品に見えること。→アッパー素材を毛足の長いスエードにし、ソールにヴィンテ ージ加工を施す。
・3つ目、テーマをつけること。→ "ポピュラーなモデル = ストリート"と解釈して、アスファルト やコンクリートをイメージさせる薄いグレーで表現。さ らに インソールは、コンクリートに落書きされてるイメージでデザイン。
・4つ目、バンズやコンバースをよく履く人が履けること。→ 要は紐を緩めても履けるようにベロの厚みを倍にして、かつエラスティックのゴムを付ける。

以上のポイントを全てクリアし、全く新しい「996」に生まれ変わったと思います。

CC_FEATURE_NN_NB_CM996_01.jpg CC_FEATURE_NN_NB_CM996_02.jpg CC_FEATURE_NN_NB_CM996_03.jpg CC_FEATURE_NN_NB_CM996_04.jpg CC_FEATURE_NN_NB_CM996_06.jpg CC_FEATURE_NN_NB_CM996_05.jpg CC_FEATURE_NN_NB_CM996_07.jpg
nonnative × new balance®︎
CM996NNS

Price_¥18,800
Color_GRAY/BLACK