Rainbow Disco Club × nonnative
CC_FEATURE_NN_RDC_2020_00_top.jpg

COVERCHORD CULTURE

Rainbow Disco Club × nonnative

4/18(土)に有料オンライン配信にて開催が決定したダンスミュージックフェスティバル〈Rainbow Disco Club〉と〈nonnative〉がコラボレーションアイテムを発表する。
COVERCHORDでは本イベントに出演するアーティストたちに、家での時間を楽しむおすすめコンテンツ3選を聞いた。
今回のストリーミング配信イベント〈somewhere under the rainbow!〉と供に、有意義な家時間の参考にしてみては?
レイバーやキャンパー、家族連れの天国と称されるダンスミュージックフェスティバル〈Rainbow Disco Club〉。

まるで絵画のような美しさを誇る伊豆半島を舞台に例年開催される本フェスティバル。今年は世界的なCOVID-19パンデミックの影響を考慮し、開催を中止することを選択した。
それに代わり4/18(土)に〈somewhere under the rainbow!〉と題した12時間の有料ストリーミングイベントが、オンラインで開催される運びとなった。

この度のバーチャルイベント開催に合わせ、〈nonnative〉は〈Rainbow Disco Club〉とのコラボアイテムとしてTシャツとキャップを発表する。
Tシャツはコットン100%のミッドウエイトボディーを使用した半袖と長袖の2型。背面にはオリジナルのグラフィックプリント、胸元には〈RDC〉と〈nonnative〉のロゴが施されている。
キャップは、6パネルのベーシックな型。フロントに〈 RDC 〉のロゴ、バックには〈 nonnative 〉のロゴが刺繍されている。 シンプルなカラーリングとグラフィックが配されたアイテムは、屋外でのアクティブなシーンのみならずデイリーにも活躍するだろう。 コラボアイテムは〈somewhere under the rainbow!〉のライブ配信開始と同日の4/18(土)にCOVERCHORDにてオンライン限定で販売される。

世界中の人々が多くの時間を室内に籠り、ソーシャルディスタンシングを実践している今だからこそ、COVERCHORDでは〈somewhere under the rainbow!〉に出演するアーティストたちに、家での時間を有意義なものへと変えるおすすめの書籍、NETFLIXなどで楽しめるシリーズ、アルバム・ミックスを聞いた。


CC_FEATURE_NN_RDC_2020_01.jpg

DJ NOBU氏

の3選
CC_FEATURE_NN_RDC_2020_02.jpg
『七つの殺人に関する簡潔な記録』/ A Brief History of Seven Killings
著者:Marlon James

USとジャマイカを結ぶギャングスタノワール。めちゃくちゃ面白いです。スリリングで飽きません。

『オザークへようこそ』/ OZARK
監督:Jason Bateman

滅茶苦茶おもしろい!崖っぷちの綱渡り的なピンチを、金融知識とアイデアで乗り越えていくサバイバル映画です。「オザーク」という土地が持つ途方も無い圧力に誰もが押し潰されます。

『All Lanes Of Lilac Evening』
アーティスト:Siavash Amini & Saåad

家にStayするようになってから美しい音楽をひたすら掘っています。ここ何日間はこれを聞いてました。優雅で幽玄な美しさを味わえます。

DJ NOBU
一つのスタイルに踏みとどまらず、幅広い世界の音楽を引き出し唯一無二のサウンドスペースを現出させる、卓越した実力を持つDJ。
二十年余りに渡る経験は、厚い信頼を得ているパーティーFuture Terrorや、主宰レーベル Bitta、いくつかの音源やミックスなどとなってリリースされている。

Facebook:DJ NOBU
Twitter:@dj_nobu_ft
CC_FEATURE_NN_RDC_2020_03.jpg

Licaxxx氏

の3選
CC_FEATURE_NN_RDC_2020_04.jpg
『日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学』
著者:小熊 英二

まず自分の暮らしの基盤を知ることから始めたい。勉強して考えることが、明日の自分に直結してくることを強く実感するタイミングでもあり、その力は自分の精神も支えてくれる。

『宇宙よりも遠い場所』
監督:いしづかあつこ

最近本当に何も頭に入らず、一人でもどかしさと悲しみが訪れた時にみた無を優しく埋めてくれるアニメ

『RA.721 Gene on Earth』
アーティスト:Gene on Earth

踊る為ではなく、人間が自然と踊らされてしまうトライバルな力強さが沁みる。最近は家で昼間に聴くものを探していた時にバッチリでした。

Licaxxx
東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー、編集者、ラジオパーソナリティ。2010年にDJをスタート。マシーンテクノ・ハウスを基調にしながら、ユースカルチャーの影響を感じさせるテンションを操り、大胆にフロアをまとめ上げる。
2016年にBoiler Room Tokyoに出演した際の動画は40万回近く再生されており、Fuji Rockなど多数の日本国内の大型音楽フェスや、CIRCOLOCO@DC10 などヨーロッパを代表するクラブイベントに出演。 日本国内ではPeggy Gou、Randomer、Mall Grab、DJ HAUS、Anthony Naples、Max Greaf、Lapaluxらの来日をサポートし、共演している。
また、アンビエントを基本としたファッションショーの音楽などを多数制作しており、Chika Kisadaのミラノコレクションや、dressedundressdの東京コレクションに使用された。

Resident Advisor
Sound Cloud
Twitter: @Licaxxx
Instagram:@licaxxx1
CC_FEATURE_NN_RDC_2020_05.jpg

sauce81氏

の3選
CC_FEATURE_NN_RDC_2020_06.jpg
『スタンフォード式 最高の睡眠』
著者:西野精治

10数年前に突然発症した花粉症や喘息に悩まされ、マスクや加湿を徹底し、酒を断ち、食事や寝具を見直したりしてきましたが、それぞれ一定の効果は感じつつも根本的な改善に至らず年に何度も病院のお世話になっていました。自分の場合、仕事柄生活リズムが不規則だったり、スマホやインターネット、SNSの普及により国内外の人達と日夜コミュケーションが取れるようになった事なども影響し、脳が覚醒したまま睡眠の質が下がり、免疫力も落ちていたのだと気付かせてもらった本です。今年の正月から軽いランニングを始め、汗を伴う運動で身体を疲れさせ、良い生活リズムを作りながら、睡眠の質を高めることを実践して来た効果が出ているのかは分かりませんが、今年は花粉症の症状無し!どんな才能のある人でも、しっかり睡眠を取らないと心身共に回復せず、パフォーマンスが低下します。ウィルスに負けないためにも、しっかり睡眠を取ることが大事です。睡眠に関する本がいろいろ出ているので、これに限らず1冊くらい読んでみることをオススメします!

『さんまのお笑い向上委員会』
プロデューサー:渡辺俊介(GP)/ 大江菊臣(CP)

毎週欠かさず録画して観ている番組で毎回爆笑させてもらってます。昨年のM-1チャンピオン、ミルクボーイ曰く「お笑い好きのおっさんと芸人しかみてない」番組ですが、脇を固める最強の中堅芸人達と共に、ポンコツ芸人達を向上させて行くさんま向上長の国宝級の手腕にあっぱれ!イチオシ芸人はチャンス大城!笑って免疫力上げて行きましょう!

『TRIPTYCH』
アーティスト:Shohei Takagi Parallela Botanica

共同プロデュースで携わらせてもらったceroのフロントマン髙城晶平のソロプロジェクトShohei Takagi Parallela Botanicaの1stアルバム『Triptych』がリリースされました。髙城くんが紡ぎ出す魅惑的な日本語の歌詞とメロディ、それを引き立てるミュージシャン達の素晴らしい演奏。スタジオで採れた素材から、メインの肉だけでなく、骨や皮から出る出汁や苦味のある肝まで存分に活かした、粗くエグミのある味わい深いひと皿に仕立て上げました。家でゆったりしながら、お茶や読書のお供に聴くのも、ベッドに横になって目を閉じて聴くのも心地良い、こんな時にもそっと寄り添ってくれる作品になったんじゃないかと思います。

sauce81
sauce81としてUKのEglo Recordsをはじめとした国内外のレーベルからコンスタントにレコードをリリース。
N'gaho Ta'quia名義や、grooveman Spotとタッグを組んだ77 Karat Gold、Shing02とのプロジェクト『S8102』など、複数のユニットとしても作品をドロップ。
更にMark de Clive-Loweの呼び掛けで集まったバンドRonin Arkestraにも参加するなど、ジャンルや形態に捉われない活動を続けている。

Facebook:@sause81
Instagram:@sause81
CC_FEATURE_NN_RDC_2020_07.jpg

Soichi Terada氏

の3選
CC_FEATURE_NN_RDC_2020_08.jpg
『火の鳥』
著者:手塚治虫

...漫画も本に含まれますか?

『マルホランド・ドライブ』/ MULHOLLAND DR.
監督:David Lynch

観れば観るほど謎が増えます

『SURROUND』
アーティスト:吉村弘

ほわ〜んとした気持ちになります

寺田創一
1988年より自主レーベル〈Far East Recording〉を主宰。さまざまな題材をモチーフにリミックスやオリジナル作品を発表してきたが、2015年にアムステルダムの Rush Hour より90年代前半のハウス音源が再発され、それを機会にハウスセットのライブ活動を開始。
2015-2020年にかけて120本以上の海外ライブ公演を28ヵ国で行ってきた。

Resident Advisor
CC_FEATURE_NN_RDC_2020_09.jpg

Wata Igarashi氏

の3選
CC_FEATURE_NN_RDC_2020_10.jpg
『2001宇宙の旅』/ 2001 a space odyssey
著者:Arthur C. Clarke

映画もすごいけど、本もかなりのトリップ。宇宙という環境での究極のソーシャルルディスタンシング。

『ジェームズ・キャメロン 深海への挑戦』/ JAMES CAMERONS DEEPSEA CHALLENGE
監督:John Bruno

深海系のドキュメンタリーがお勧めです。色んなニュースや心配がある毎日ですが、海底の不思議な生物などを観てるとなぜか心が落ち着いてぐっすり寝れます。笑。

『The Melody At Night, With You』
アーティスト:Keith Jarrett

病気でピアノから遠ざかっていたキースジャレットが復活の際、愛する妻のためにプレイしたライブ録音。そして彼はこのレコーディングにどの最高のスタジオより自宅を選んだ。ただただ美しいし、一音一音に心が吸い込まれる。家で多くの時間を過ごさないといけない今、夜にゆっくり聴いてもらいたい作品。

Wata Igarashi
独自のサウンドを確立したアーティスト。緻密なサウンドデザインや構成力を持ち、陶酔感とサイケデリックさを融合させた同氏特有のテクノは、MidgarやThe Bunker NYの一連のEPやSemantica、Time to Express、 Bittaのリリースで聴く事ができる。また同氏のプロデューサーとしての才能は、近年のAurora Halal、Volte-Face、 Prins Thomasの傑出したリミックス・ワークでも顕著に表れている。DJやライブといったパフォーマンスにおいても制作と同じ精神性を持っており、緻密な音響とエネルギーのコントロールでテクノのさらなるサイケデリックな次元を探求し、ダンスフロアを陶酔へと導く。Igarashiのアプローチは身体と心の両方を刺激し、強いエネルギーと感情を生み出す。

Instagram:@wataigrashi
Sound Cloud @wata



Rainbow Disco Club 2020

"somewhere under the rainbow!"

世界的なCovid-19パンデミックの脅威を認識し中止となった〈Rainbow Disco Club 2020〉に代わり〈somewhere under the rainbow!〉と題した12時間の有料ストリーミングイベント開催が決定した。
配信日:4/18(土) 12:00〜24:00

通常配信チケット購入はこちらより

Price_¥2,000
チケット購入期間 :4/24(金) 〜23:59
アーカイヴ視聴期間 :4/25(日) 〜23:59



CC_FEATURE_NN_RDC_2020_11.jpg
nonnative × Rainbow Disco Club

RAINBOW DISCO CLUB SS TEE
Price_¥6,000
Color_WHITE, BLACK, NAVY

RAINBOW DISCO CLUB LS TEE
Price_¥8,000
Color_WHITE, BLACK, NAVY

RAINBOW DISCO CLUB 6P CAP
Price_¥7,800
Color_BEIGE, BLACK, NAVY




Photograph_Yutaro Tagawa