自分らしい朝を、気分の上がる道具と
CC_FEATURE_HOME_MORNING_00_top.jpg

COVERCHORD LIFESTYLE

自分らしい朝を、気分の上がる道具と

朝、早く目を覚ましてみよう。
起きてからの一食目を丁寧に作ってみよう。
食後に一服の時間を持てる余裕を。
整った朝を過ごせば、その日一日が整う気がする。

衣食住を取り巻く「生活の愉しさ」を提案したいCOVERCHORDでは、あなたの朝をちょっぴり豊かにする、愛着が湧く暮らしの道具を取り揃えています。
CC_FEATURE_HOME_MORNING_01.jpg
朝の定番、卵焼き。新潟・燕三条の名門である〈庖丁工房タダフサ〉の三徳庖丁は永く愛したい逸品。三ヶ月に一度は研いであげる。愛用するなら手入れもお忘れなく。

Kitchen Knife_庖丁工房タダフサ ¥9,000


CC_FEATURE_HOME_MORNING_02.jpg
もち麦を混ぜたご飯をおにぎりに。銀ジャケをちょこんとのせて。一枚板で削り出したミズナラ材が美しい〈東屋〉の盆で配膳される朝食は、なんてことない食事を特別なものに演出してくれる。

Plate_工藤真人工房 ¥2,600
Tray_東屋 ¥33,000


CC_FEATURE_HOME_MORNING_03.jpg
茨城県・阿字ヶ浦に工房を構える〈工藤真人工房〉の陶器。海を彷彿とさせる深いコバルトブルーにさて何を盛ろうか、心が踊る。

Bowl_工藤真人工房 ¥2,800
Plate_工藤真人工房 ¥2,600
Plate_工藤真人工房 ¥5,000

CC_FEATURE_HOME_MORNING_04.jpg
〈FUTAGAMI〉のキッチンペーパータオルホルダー。真鍮にしか出せない経年変化の味わいを楽しみたい。

Paper Holder_FUTAGAMI ¥18,150

CC_FEATURE_HOME_MORNING_05.jpg
ホカホカのご飯にはメープルの木目が綺麗な〈SONOBE〉のしゃもじを。"小田原漆器"と呼称される伝統的な漆塗りで仕上げられている。〈SONOBE〉の木工製品は、デザインから加工・生産までを一貫して自社工場で行なっている。

Rice Scoop_SONOBE ¥1,400

CC_FEATURE_HOME_MORNING_06_A.jpg
CC_FEATURE_HOME_MORNING_06_B.jpg

岩手県の伝統的な鋳物である南部鉄器を手がける〈OIGEN〉。皮面がカリッと肉はふっくら。毎朝活躍するグリルプレート。一般的な魚焼きグリルにぴったり2枚入る大きさは、二人分調理するもよし、二種類の食材を一度に焼くもよし。着脱自在なハンドルと、手入れのしやすさが優しく生活に馴染むでしょう。

Gril Plate_OIGEN ¥6,000

CC_FEATURE_HOME_MORNING_07.jpg
鉄瓶で沸かしたお湯には、身体が吸収しやすい「二価鉄(にかてつ)」と呼ばれる鉄が含まれ、貧血予防に効果的というのは有名な話。鉄器は"使うもの"というよりは"育てるもの"。きちんとお手入れをして育てた鉄器は次第に風格を増してゆく。

Kyusu_OIGEN ¥8,000


CC_FEATURE_HOME_MORNING_08.jpg
他のブランドにはない落ち着いた雰囲気が特徴の〈KINTO〉 のトラベルタンブラー。家でも、出先でも。あらゆる日常の風景に無理なく馴染むデザインが好印象。

Tumblr_KINTO ¥2,600

CC_FEATURE_HOME_MORNING_09.jpg
手作りならではの有機的なフォルムに封じられた気泡が美しい〈おおやぶみよ〉のグラス。まるで切り出した石のような、野暮ったさと可愛らしさが同居する〈KINTO〉のカップ。食後の一服に何を飲もうか。

Cup_KINTO ¥1,000
Glass_おおやぶみよ ¥3,500


CC_FEATURE_HOME_MORNING_10_A.jpg
CC_FEATURE_HOME_MORNING_10_B.jpg

朝の陽光に優しく溶け込む〈MiiR〉のタンブラー。アウトドアの風を室内に持ち込む。

Tumblr_MiiR ¥3,000

CC_FEATURE_HOME_MORNING_11.jpg
澄んだ青が美しい〈ヒロイグラススタジオ〉には緑茶の緑がよく映える。 朝の熱~いお茶一杯が嬉しい。

Glass_ヒロイグラススタジオ ¥4,000