コンテンツに進む

test

特集記事

COVERCHORD EXCLUSIVE

nonnative × GUIDI
CENTER ZIP BOOTS “BIG DADDY"
〈GUIDI〉妥協なき物作りへの姿勢

〈nonnative〉と〈GUIDI〉による限定ブーツがリリース。
熟練した職人によって生み出される、至高の一足の魅力に迫る。

唯一無二の風合いとデザイン。熟年した職人でなければ成し得ない、高いクオリティと、ストレスを感じさせない履き心地。世界を魅了する〈GUIDI〉をご存じだろうか?

多くの名職人を輩出するイタリア・トスカーナ州ペーシャの地で1896年に〈Guidi&Rosellini〉というタンナーとして創業した同社は、ルジェロ・グイディが代表を務める親族経営企業であり、創業当初より数多くの一流ブランドにレザーを供給したレザーブランドだ。

古き良きハイキングブーツに魅せられ、趣味としてそれらを収集していたグイディ氏は、やがてそのヴィンテージブーツを新たな形で再現したいと考えるようになり、実験的に靴の生産をスタート。2005年に〈GUIDI〉としてブランドを立ち上げて以来、伝統的な製法と新たなテクノロジーを駆使し、靴を中心としたレザーアイテムを発表し続けている。

数多あるレザーブランドの中でも、圧倒的な存在感を放つ〈GUIDI〉のアイテムは、世界中から熱狂的な支持を得ている。伝統的な工場が困窮し衰退するこの時代にあっても、多くの人々の心を掴み、繁栄する〈GUIDI〉の魅力とは?
トスカーナの工場の様子と共に探ってみよう。

時が経つほど愛着が湧く風合いへ

“Concia Bianca"と呼ばれるレザー
白や薄い色目には、この状態から染め上げてゆく

〈GUIDI〉の靴には、ピカピカに磨き上げてフォーマルな場面で履くような堅苦しさはなく、経年変化と共に所有者一人ひとりの足へと馴染んでゆく魅力がある。そこには、ヴィンテージブーツ特有の野暮ったさはなく、独自の染色手法と、高品質なホースレザーから由来する気品がある。

あらかじめ染められたレザーを縫い合わせるのではなく、オフホワイトやベージュのレザーを縫い合わせてから染色する“オブジェクト・ダイイング”と呼ばれる手法を用いることで、全体が均一に染まりつつ、柔らかな風合いの仕上がりが実現する。それゆえに他の製法では成し得ない、一つひとつ独特の雰囲気を持つ唯一無二の製品が生まれるのだ。

職人の確かな技巧

アッパーの縫製作業

〈GUIDI〉を唯一無二たらしめる要因はまだある。独自のシルエットを生み出す木型や、社内工場での一貫した生産。

皮なめしから、加工、染色にいたるまで、製靴の工程をすべて社内工場で一貫して行える〈GUIDI〉だからこそ、世界中からのニーズに応える高い品質の維持が可能になっている。

一枚のレザーから手作業でパーツを切り出す工程に始まり、数ある工程それぞれを、熟練した職人が受け持つ。ハンマー使い、型取り、紐付け、縫製などなど。約2時間ほどで立体的な靴の形が出来上がるという。

アッパーレザーの一部分を薄くし
アウトソールと接着しやすいように加工

永く愛せる物作り

グッドイヤーウェルト製法

〈GUIDI〉の靴は決して安価ではない。が、正しく手入れをすれば間違いなく何十年と履ける逸品だ。

アッパーに“ウェルト”と呼ばれる帯状の革を留め合わせる“グッドイヤーウェルト”製法を採用。長年愛用してもソールの交換が容易に行える。厚手のレザーを重ね合わせ、糊付けした後、釘留めして作る伝統的な“スタックヒール”も〈GUIDI〉らしいこだわりのディテールだ。

日本国内ではそもそもの流通数も限られ、知る人ぞ知るニッチな存在かもしれない。けれど、世界中の〈GUIDI〉を愛する人々は、血の通った物作りへの真摯な姿勢に共感し、確かな品質と美しさに惚れ、履いた本人にしか体感し得ない特権的な価値をこの靴に見出しているのではないか。

上質なレザー。実用性のあるデザイン。使い込むことで醸される独特の風合い。愛着が湧けば湧くほど永く愛せる〈GUIDI〉の靴。「モノ」として美しく、誠実なこの靴を、人生に一度は所有したいものだ。

nonnative × GUIDI
CENTER ZIP BOOTS
“BIG DADDY" HORSE LEATHER

〈GUIDI〉のクオリティはそのままに、〈nonnative〉のエッセンスを落とし込んだセンタージップブーツが登場。

〈GUIDI〉特有の細身でタイトな木型とは対象的に、つま先にかけてボリューム感のあるシルエットが特徴。子供が父親の靴を履いた時のようなボリューム感。イタリアでは“Big Daddy”という愛称で親しまれる。

堅牢な作りと快適さを追求し、ノルウェージャン製法で〈ビブラム〉ソールを縫製。耐久性は抜群。

アッパーには「HORSE REVERSE(ホースリバース)」と呼ばれる馬革のスウェード素材を用い、毛足の粗さと多さがカジュアルで無骨なイメージを演出する。カラーリングは〈nonnative〉らしいSAND、GRAYでリリース。

細身シルエットのパンツやショーツなど、シンプルなスタイリングに合わせることで、その存在感を強調したい一足。

発売は6月11日(土)。

nonnative × GUIDI
CENTER ZIP BOOTS “BIG DADDY" HORSE LEATHER
Price_¥213,000
Color_GRAY, SAND

6月11日(土)発売

x

日本語