コンテンツに進む

test

カバーコードの逸品

長く愛せる一生ものの「逸品」をご紹介。

AURORA SHOES
HANDMADE LEATHER SHOES

”知る人ぞ知る”
趣味の世界では往々にして耳にするフレーズですが、この〈AURORA SHOES〉こそ ”知る人ぞ知る” と呼ぶに相応しいシューメーカーです。

生まれはアメリカ・ニューヨーク州の小さな町、AURORA(オーロラ)。世界中のモードが集う前衛的・都市的なあの”ニューヨーク”ではなく、フィンガーレイクスという美しい湖に面した、自然豊かな田舎町です。人口1,000人に満たないこの小さな町で1990年代に工房を構え、現在まで変わることなく全ての原材料と製作をアメリカ国内で完結する、正真正銘 ”MADE IN U.S.A.“ のレザーシューズです。

この靴を手にしてみると、実にミニマムなピース数で作られていることが見て取れます。そしてこの靴を知る人は口を揃えて ”履き心地の良さ” を絶賛します。その理由を紐解いてみましょう。

アッパーに用いるのはアメリカ最古のタンナーであるHORWEEN®のオイルステインレザー。肉厚で油分を多く含み、〈AURORA SHOES〉では裏地を使わず1枚革で仕立てています。履けば履くだけ革が伸びて、自分のラスト(足型)をトレースした完璧なフィット感を提供してくれます。よく履き込まれた〈AURORA SHOES〉は素足で履いても一切のストレスを感じません。

フットベッドには分厚いヌメ革が張ってあります。天然皮革の持つ吸水性・吸湿性によって足裏の汗や湿度をコントロールし、靴内部が快適に保たれる秘訣です。アウトソールにはvibram®のバリエーションでも軽くて屈曲性に優れる#2010というEVAソール。#2010はアメリカンブランドのワークブーツやモカシンシューズでもよく使われるソールで、これもまたvibram® USA社が製造する、正真正銘の”MADE IN U.S.A.“。

〈AURORA SHOES〉を形成するのはこれら革素材とソールに、アッパーデザインに応じた最小限の金具か靴紐のみ。裏地も芯地もなく本当にこれだけ。革新的なマテリアルも、”人間工学に基づく...” なんて最新技術もありません。なのにこの履き心地を味わってしまうと、他では替わりが効かない。

ただ、この靴の魅力は新品では100%を味わえません。ぜひ年単位でお付き合いいただければと思います。もともと油分が多く耐久性にも優れた革ですが、たまにオイルを伸ばして栄養を補い、ソールが擦り減ったら交換して。永く付き合える本当にいい靴です。

x